水や加熱に強いビタミンC?マンゴーの効果と豆知識!

水や加熱に強いビタミンC?マンゴーの効果と豆知識!


マンゴーの豊富な栄養素

 

マンゴーは栄養豊富だといわれていますが、その中でも特に豊富に含まれているのが
ビタミンAβ-カロテンビタミンC葉酸などです。

まだ果実が熟していない青い色の時はビタミンCが多く、
熟してくるにつれてβ-カロテンの含有量が増えてきます。

ビタミンCは免疫力を高め、メラニン色素の生成を抑制し、
風邪・ガンなどを予防する他、解毒作用もあります。

美肌になれることが期待できることからサプリメントになっていたりします。

そしてβ-カロテンは細胞の保護や生活習慣病予防、老化防止などに効果的です。

しかも必要であればビタミンAになることもあることからプロビタミンAと呼ばれることもあります。

β-カロテンのメリットとして水や加熱することにも強いというのがあります。

ですから調理をする過程で栄養素が壊れてしまうことがほとんどなく、
ある程度は体内に蓄えておけますし、脂溶性のビタミンなので油で炒めたり、
油と一緒にとることでより吸収率がアップするのでオススメです。

ビタミンCとの相性が良いので一緒に摂取するようにするとエイジングケアや美肌作りに良いです。

ちなみにビタミンAは目に効果的で、疲れ目や視力の低下に良いとされています。

また胎児の発育、子供の成長促進などにも深い関わりがあります。

胎児に関わりがあるという意味では葉酸もあります。

葉酸は神経細胞の代謝や成長を補助したり、脳の神経伝達物質が生み出されるのを促進します。

肝臓や皮膚の健康維持にも効果的なので、妊婦がマンゴーを食べておくのも良いでしょう。

マンゴーは生で100gほど食べた場合、カロリーは64kcalほどです。

栄養は豊富ですが、栄養素は過剰に摂取すると
逆に体には良くない影響を及ぼすことがありますので、食べ過ぎないように気をつける必要があります。

 

マンゴーの栄養素を効果的に摂取する食べ方

 

マンゴーの栄養素をより吸収できるように食べる方法があります。

例えばガン予防に良い食べ方はマンゴージャムにして食べるという方法です。

マンゴーのビオラキサンチンという成分はガン抑制効果があり、
煮こんでジャムにすると成分が濃縮されてガン抑制力がアップします。

もしジャムにするのであればトーストなどで食べる時にはバターも一緒につけて食べるのがオススメです。

脂分と一緒にとることで体内への吸収率もアップするのです。

安眠したい時には夕食後にマンゴーに塩をかけて食べると良いです。

マンゴーからはリラックスできる香りがするのでなかなか眠れないという方にはこの方法がいいでしょう。

冷凍すると認知症予防にもなります。

そもそもマンゴー自体に脳細胞が死滅するのを抑えて認知症予防できるとされているのですが、
冷凍することで細胞膜が破壊されるため、成分が吸収されやすくなるのです。

スーパーなどでも冷凍のマンゴーはよく販売されていますから、
認知症予防をしておきたい方はそういうものを購入しておくのも良いです。

そして酢を加えて食べることで目のエイジングケアにも良い影響を与えます。

マンゴーのゼアキサンチンという成分は目の網膜や黄斑部にあり、目の健康を保つ役割があります。

このゼアキサンチンには酢と組み合わせることで腸への吸収率がアップするということが期待できます。

酢とマンゴーを組み合わせるのであればデザートとしてサワームースを作ることもできます。

マンゴーと酢、牛乳をミキサーにかけるだけで簡単にできあがるので
目の衰えが気になっているという方は試してみるのもいいです。

おいしいフルーツをどうやって食べれば栄養素をより
たくさん吸収することができるのかを知っておくことで、美容にも健康にも役立ちますから覚えておくといいでしょう。

 

マンゴーの効能と効果、作用について

 

⇒ ドライフルーツで出来たフルーツティー

 

 

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「フルーツティー 各種」






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line


関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索