リンゴ酸と一緒に摂るといい成分とは?

リンゴ酸と一緒に摂るといい成分とは?


リンゴ酸との相性が素晴らしいビタミンC

リンゴ酸を意識的に摂取する際には、酸味がしっかりとしている果物を選ぶことによって、
抗酸化成分のビタミンCも含めて余すことなく摂取できます。

キウイフルーツブドウなどから摂取すると、抗酸化成分の働きによって、
体内では活性酸素の働きが抑制されることが重要で、
抗酸化によって老化に対抗することができるのですから
慢性的な疲れが残る可能性も大幅に低くなっていきます。

ビタミンCと一緒に摂取する場合には、様々な工夫を施すことで、同時に疲労回復も促進できます。

果物をデザートとして使うだけでなく、
加工して調味料として使う場合には、摂取方法の種類も多彩になるのが利点です。

リンゴ酸とビタミンCを効率よく摂取するためには、梅干しと野菜を合わせて使う方法が極めて有効です。

梅干しを加工した梅肉エキスを使うようにすれば、
リンゴ酸を有効に活用しながら、抗酸化や疲労回復に必要な栄養を確保できます。

熱に強い特性を持っているジャガイモは、蒸してからは梅肉ソースで味付けすると、
リンゴ酸も含めて大量に摂取できます。

この方法を使うと、ジャガイモに含まれるカリウムも含めて摂取できることから、
総合的なミネラル不足にも対処できることになります。

梅干しを作るときに残る梅酢は、料理ではサラダのドレッシングとして使うことで、
ビタミンCも含めて大量に吸収できます。

トマトのサラダとは特に相性が良く、各種の有機酸を総合的に補うためにも適しています。

あるいは、熟成した黒酢にはレモンや蜂蜜を加えて飲む場合にも、
万能的な栄養を満遍なく吸収できることになります。

 

リンゴ酸と合わせると代謝が向上する成分

リンゴ酸には代謝を活発にさせる働きがあると同時に、
クエン酸と一緒に疲労回復を促進させる機能も持ち合わせていますが
他の酵素と合わせると非常に効果的になります。

普段から体力が弱くて食事が不規則な場合には、
副菜が充実した食事に切り替えることで、両方の組み合わせは特に充実していきます。

リンゴ酸とクエン酸をバランス良く含むトマトをサラダにする場合には、
味噌を使ったドレッシングをかけると、酵素の量を大量に増やすことが可能です。

この方法にすると、味噌に含まれるタンパク質との相性も良くなることから、
筋肉増強と代謝アップを促進したい場合にも有効になります。

トマトサラダのドレッシングに甘味を付け足したい場合には、
甘酒を砂糖の代わりとして使えば、酵素の不足を十分に補うことができます。

リンゴ酸との相性が素晴らしい酵素の種類において、
栄養の代謝を促進させるものでは、ビタミンB群も重要な役割を担っています。

ビタミンB群は補酵素として働く性質がありますから、
上手に組み合わせる場合には、栄養摂取の無駄がなくなっていきます。

ビタミンB1が非常に多い玄米ご飯には
梅干しを組み合わせて食べるようにすれば、リンゴ酸との相乗効果が働きます。

ビタミンB1は豚肉にも多く含まれますが、
リンゴ酸を含む黒酢やトマトを合わせると、互いに抜群の相性で調和してくれます。

豚肉の生姜焼きに甘味を付け足すために、リンゴやキウイなどを一緒に加えることは、
疲労回復のためにも役立つ組み合わせです。

豚肉の鍋料理に対しては、リンゴ酸とビタミンCが豊富な柚子を薬味として使うことも賢い知恵と言えます。

 

カルシウムなどのミネラルとの相性も良い

リンゴ酸がカルシウムと調和すると、体への吸収率が同時に高まり、
弱った髪も含めて補修する働きが顕著になります。

このような仕組みを上手に利用すれば、不規則な食事で衰えてしまった骨格や頭髪を丈夫にして、
老化に抗するための健康体を作れるようになるわけです。

さらには、歯の土台を作るためにも重要な働きをしてくれるため、
日常的な食材やサプリなどから一緒に摂取することが大切です。

独特な機能を発揮させるためには、魚介類と合わせて摂取する方法が有効ですが、
日本では昔から行われてきたことです。

カルシウムが豊富な魚を鍋料理にする場合には、
リンゴ酸が豊富なポン酢を利用することがありますが、これも最高の組み合わせの一つです。

ポン酢で魚を食べれば、骨と歯を丈夫にしながら、同時に筋肉の発達も助けることができます。

さらには、滞っている血流を促進する働きもあることから、
寒さによる倦怠感や不眠を解消する場合にも有効になります。

ミネラルを含む食材と合わせれば良いわけですが、
料理では塩分の過剰摂取も心配になるものです。

ところが、リンゴ酸の豊かな酸味のおかげで、薄味にしても美味しさを感じやすくなります。

カリウムも豊富な食材と合わせておけば、無駄なナトリウムは排出して、
体にたまっている余計な水分も含めて発散できるのです。

肉や魚が苦手な人の場合には、リンゴ酸が豊富な食材を納豆に入れて食べる方法を使えば効果的です。

納豆には骨を強化するために役立つビタミンKも多く含まれることから、
リンゴ酸の塊となる梅干しを一緒に入れて食べれば、骨粗しょう症の予防にもつながります。

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「プロポリス 赤ぶどうエキス配合」

 






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line


関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索