「L-リンゴ酸」と「DL-リンゴ酸」その違いとは?

「L-リンゴ酸」と「DL-リンゴ酸」その違いとは?

リンゴ酸の性質と使われ方

リンゴ酸は、1785年に発見された有機酸(酸性の有機化合物の1種)の1種で、
リンゴをはじめ、野菜や果物に多く含まれています。

この成分は体の中にあるブドウ糖を分解するクエン酸サイクルの中の化合物の一つで、
リンゴ酸を摂取すると、クエン酸サイクルが良く活動をして疲労を回復させる作用があります。

その他、ダメージをうけた毛髪は、表面に空洞ができているのですが、
リンゴ酸は、この空洞を埋める作用があり、ヘアケア商品としても使われています。

さらに、カルシウムを加えたクエン酸リンゴ酸カルシウムは、
カルシウムの吸収を高める性質があり、特定保健用食品としても発売されています。

私たちの体は、本来は、弱アルカリ性に保たれていますが、
弱酸性に体が傾くと、太り過ぎたり、白髪や皺が増えたり、老化現象が進みやすくなります。

リンゴ酸には、体内を弱アルカリ性に保つ作用があるので、アンチエイジングに役立つばかりでなく、
胃腸病を予防したり、デトックス作用があったり、自然治癒力を高める作用があります。

その他、この成分には爽やかな酸味があるので、食品添加物の中の酸味料として使われています。

ジュース等の飲料やシャーベットやアイスやゼリーによく使われます。
その他マヨネーズや漬物の酸味料としても使われています。

その他、食品の酸性度、アルカリ性度を調整して適度のph度に保つためにも使われます。

この適度のph度を保つことにより、食品に細菌が増えるのをふせいだり、
食品の変質や変色を防いだり、水と油のように混ざりにくい物を混ぜる乳化剤としても使われます。

乳化剤としては口紅などのメイクアップ製品の顔料を均質にするのにも使われています。

 

L-リンゴ酸とDL-リンゴ酸の違い

リンゴ酸は、真ん中に炭素を持つ化合物です。

炭素には4本の手があり、それぞれの手が、別の化合物と手をつなぐと、
化学式では、全く同じように書き表すことができますが、違った性質の化合物が2種類、出来上がります。

いいかえると,炭素の上と下の手が持つ化合物は同じで、
右手に持つ化合物と左手に持つ化合物が入れ替わった場合、
鏡に映すと、同じ構造になるものが存在して、
一方をL-リンゴ酸、他方をD-リンゴ酸と呼んで区別します。
天然に存在するのは、すベてL-リンゴ酸です。

従って体内で疲労回復や、アンチエイジングようにサプリメントとして用いられるのは、
すべて、L-リンゴ酸となります。

一般に酸味料やph調性剤、乳化剤のような食品添加物、
口紅などのメイクアップ商品などの乳化剤に使われる場合は
L-リンゴ酸とD-リンゴ酸が等量混じったものが安価に手に入りますので、よく使われます。

その理由は化学合成によってDL-リンゴ酸は作ることができるからです。
このDL-リンゴ酸はL-リンゴ酸とD-リンゴ酸に分けることは困難です。

なお、D-リンゴ酸は、空気中の水分を吸いこみやすい無色の針状であり、
融点が100℃、水、アルコールに溶けやすい性質を持っています。

DL-リンゴ酸は、融点130℃から131℃で、
食品添加物や口紅やヘアケア商品に添加するのに非常に適した物質です。

体に有用で食品添加物としても広く用いられているリンゴ酸ですが
注意すべき事は過剰に摂取してしまうと、口内炎を起こすと言う作用が見られる場合があるので、
サプリメントとして利用する場合は、目安量を守るようにしましょう。

 

自然界に存在するリンゴ酸

リンゴ酸は、自然界に存在するものがL-リンゴ酸であり、
この成分が、ヒトの体の中のブドウ糖を分解する
クエン酸サイクルの中の1種の化合物であることから、
疲労回復に効果があります。

クエン酸サイクルは、疲労で体内に乳酸がたまると、その乳酸を分解する事により
活発に活動しますので、リンゴ酸により、クエン酸サイクルを活性化させると
ストレスや食生活の乱れやストレスで停滞していた
クエン酸サイクルが良く動き疲労回復がなされるのです。

さらに、この働きにより体内にエネルギーがスムーズに提供されますので、
新陳代謝が活発となります。

このために使われるリンゴ酸は天然に存在するL-リンゴ酸であり、サプリメントとして販売されています。

しかしながらリンゴ酸自体を1日1200mg以上を摂取すると、
口内炎が起きる可能性がありますので、過剰摂取に注意しましょう。

前述したように、化学反応でつくられるリンゴ酸は、
L-リンゴ酸とそれと鏡に映った関係のあるD-リンゴ酸が混じったもので
化学反応により作られDL-リンゴ酸と呼ばれます。

こちらは、値段が安価なので食品添加物や
口紅などの化粧品の顔料の乳化剤や歯磨き粉などに広く使われています。

食品の中では野菜や果物に多く含まれていますが、果物の方は野菜より多く含まれています。

その他、この成分を多く含む果物を原料としたワインや、酢にも多く含まれています。

例えばリンゴ酢や、ブドウを原料としたワインにも含まれていますので、
リンゴ酸を摂取したいと思えばワインやリンゴ酢を利用するのも良い方法の一つです。

もちろん自然界に存在するリンゴ酸もL-リンゴ酸です。

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「プロポリス 赤ぶどうエキス配合」



関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索