意外に知らない「リンゴ酸」の効果と特徴

意外に知らない「リンゴ酸」の効果と特徴


リンゴ酸の効果と特徴とは?

リンゴ酸とは、リンゴやぶどう、さくらんぼなどのフルーツに含まれる有機酸の一つで、
その名のとおり主にリンゴに多く含まれています。

リンゴ酸は1785年に発見され、その別名を「オキシコハク酸」ともいいます。

リンゴ酸は、リンゴの爽やかな酸味の成分でもあり、
ゼリーやシャーベットなどの菓子類や、
果実飲料などの清涼飲料水などの酸味料としても使用されています。


リンゴ酸の主な働きとして、クエン酸サイクルの働きを活発にするということが挙げられます。
人は食べ物から摂取した糖質や脂質などをエネルギーに変換していますが、
その際に栄養素がクエン酸などの8種類の酸に分解されます。
これらの酸は老廃物を排除し、その後また元の物質に戻るのですが、
このサイクルのことをクエン酸サイクルといいます。

クエン酸サイクルが活発なほど、乳酸などの疲労物質がこのサイクルの中に入って燃えていきます。
乳酸とはその名のとおり酸性の物質です。

体内に乳酸が増えると体内が酸性に傾き、そうなると通常より疲れやすく、
なおかつ疲れが取れにくくなってしまいます。

そのため、クエン酸サイクルを活発にしておくことは基礎代謝をあげ、
疲労回復の効果や肉体疲労を軽減することに繋がります。
また、リンゴ酸は体内を弱アルカリ性に保つ働きがあり、
これは胃腸病などを予防したり、自然治癒力を高めることに繋がります。
そして、リンゴ酸は他の物質と組み合わせることによって更なる効果を発揮します。
例えば、リンゴ酸とクエン酸とカルシウムを組み合わせたものを、
クエン酸リンゴ酸カルシウムと呼び、カルシウムの吸収率を高める効果を発揮します。

 

女性に嬉しい美肌効果も

リンゴにはリンゴ酸の他にも、ビタミンAビタミンCカリウム食物繊維セルロース
ポリフェノールなどのさまざまな栄養素が含まれており、
「一日一個のリンゴは医者を遠ざける」と言われるぐらい、
健康に良いフルーツとして知られています。

そしてリンゴには、女性に嬉しい美肌効果が期待できます。
リンゴには「リンゴポリフェノール」という成分が含まれており、
これにはカテキンやケルセチン配合体、
プロシアニジンなどのたくさんのポリフェノールが含まれています。

これらには抗酸化作用があり、中でもプロシアニジンは、
他のポリフェノールと比べてより強い抗酸化作用を持つとされています。
そもそも抗酸化作用とは、シミやシワなどの原因となる活性酸素の発生を抑える作用のことです。

活性酸素は体内に進入したウイルスを排除する役割を持っていますが、
紫外線やストレスなどが原因で増えすぎてしまうと、
正常な細胞まで傷つけてしまい、その結果シミやシワなどの原因になるだけでなく、
動脈硬化や生活習慣病の原因にまでなってしまいます。
「リンゴポリフェノール」を存分に含むリンゴを食べることは、
体をこういった酸化から守ることに繋がるのです。

また、「リンゴポリフェノール」には、シミやソバカスの原因の一つとなる
メラニン色素の生成を抑え、紫外線をカットする働きもあるため、美白効果も期待できます。

そして実はリンゴの皮には栄養がたっぷり含まれており、皮と実の間は、実以上に栄養が豊富です。

特にポリフェノールは、皮には実の4倍以上もの成分が含まれているため、
食べる際は皮ごと食べることがオススメです。

 

整腸作用とダイエット効果

リンゴ酸には整腸作用があります。

胃腸が弱った状態だと老廃物がうまく排出できずに、
有害な物質が腸内に滞留しますが、リンゴ酸は腸内を刺激し、ぜん動運動を高めます。

また、リンゴは実に水溶性食物繊維を、皮に不溶性食物繊維と、二種類の食物繊維を含んでいます。

特に実に多く含まれる水溶性食物繊維であるペクチンは、腸の粘膜を保護して守ってくれ、
腸内の悪玉菌の繁殖を抑え、善玉菌を増やす働きがあります。

また、皮に含まれる不溶性食物繊維にはデトックス効果があります。

その名のとおり水に溶けない食物繊維のため、
胃や腸の中で水分を吸って大きく膨らみ、便のかさましや、ぜん動運動の働きがあります。

そのため、皮ごと食べることで整腸作用が期待できます。

気になるカロリーですが、可食部、約250gほどの中サイズのリンゴは、
1個あたり130〜140kcalほどです。

糖質が多いためダイエットには向かないといったイメージがあるかもしれませんが、
リンゴに含まれる糖質はほとんどが果糖です。

果糖は体内に取り込まれる際、一度、ブドウ糖に分解されるため、
食べてから消化吸収するまでに時間がかかり、血糖値が上がりにくいことが特徴として挙げられます。

そのためお腹が空きにくく、摂取カロリーが抑えられます。

またリンゴに含まれるカリウムは、
体内のナトリウムを排出する働きがあるため、むくみの解消も期待できます。

そのため、食べ過ぎてしまった後の食事に取り入れると、
デトックス効果や整腸作用のより良い働きが期待できます。

リンゴにはリンゴ酸の他にもさまざまな栄養素が含まれており、
健康だけでなく、美容にもよい作用が期待できます。

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「プロポリス 赤ぶどうエキス配合」






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line


関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索