リンゴ酸で歯の黄ばみがとれるって本当?その仕組みとは?

リンゴ酸で歯の黄ばみがとれるって本当?その仕組みとは?


リンゴ酸で歯の黄ばみをリセット

リンゴ酸は口腔内の歯の黄ばみを、やさしく取る効果をもたらします。

表面にこびりついた、なかなか普通のブラッシングでは取りきれない着色も、
次第に浮き上がらせることができるので、洗い流して本来の色を取り戻すということになります。

普段、日本人もよく口にする、紅茶やコーヒーなどの飲み物には、色素が色濃くあります。

色素の濃いドリンクや食べ物を口にすることで、色素沈着を起こすこととなるのです。

そんな色素沈着によるステインの汚れは、リンゴ酸の力によりまして、
黄ばみ汚れや歯の汚れの隙間に入り込み、浮き上がらせて無理なく落としきることができます。

研磨剤や漂白剤とは違うので、歯に対して負担にはなりません。

りんごから発見された酸であり、りんごだけに含まれる酸というわけではありません。

もちろんメインのりんごにも、酸は豊富に含まれてはいますが、
ほかのフルーツや野菜にも含まれている酸の成分です。

ヒドロキシ酸の有機化合物のひとつでもあり、
口腔内へと入れてみますと、ピリッとした酸味を感じることになります。

クエン酸と一緒に含有されることも多く、酸味を感じますが有害ではありません。

人間の体の中へと入れても、問題はない安全な成分であることが確認されていますので、
食品にも利用は幅広いものです。

市販食品の味付けとして、酸味料として幅広い活用となっています。

ドリンクにも酸味のために利用されていますし、食品にも味付けで利用されています。

豊富にリンゴ酸が含有してる食材としては、りんごをはじめとして、
パパイヤにいちご、それから梅に梨にナツメ、ほかにもトマトなど主あります。

 

リンゴ酸は様々な効能をもたらす

 

リンゴ酸は歯の黄ばみを除去するためにも効果を発揮しますが、
実は人間にとってさまざまなメリットも併せ持っている酸の種類でもあります。

人間の体の中をリンゴ酸の働きにより、弱いアルカリ性にキープすることができます。

弱アルカリ性で保たれるために、人間が本来持っている
事前治癒力を高めるためにも役立つこととなりますし、胃腸関連の疾患を予防することにもなります。

体内では酸性の物質を、穏やかに分解することも得意としていますので、
それからエネルギーへと速やかに変換させることができます。

肉体内を弱アルカリ性へと変化させてくれる、
クエン酸サイクルは元気に活動をスタートさせることができるので、
それは疲れなどをなくすためにも役立つこととなります。

現代を走り生きている人間は、常に疲労感を感じていますし、
疲れとストレスとは隣り合わせで生きています。

疲れは体内にできる疲労物質が大きく関わりを持っておりますので、
その点を忘れないことであり、それは酸の影響力でなくしていくことは可能となります。

これらは、普段の食事から自然に摂取のできる酸であり、
消化をされる過程で自然にクエン酸サイクルへと入り込んでいきます。

酸は形状を変えていきますし量も少なくはなりますが、汗や二酸化炭素に熱エネルギーとなります。

体内ではこのサイクルを良い状態で維持することが重要であり、
このコンディションのキープができると、体内における新陳代謝は活発になります。

特に糖質の代謝が良くなりために、
エネルギーが今までよりも効率的に生産されるようになりますし、無駄に脂肪を作ることがなくなります。

 

リンゴ酸利用時の注意点

 

リンゴ酸を利用するときには良い部分もありながらも、注意をしなければならない事もあります。

基本的なこととして、酸性であるという点を忘れてはならないのです。

酸性のものを口の中に使うということは、少量であれば問題はないままで済みます。

しかし長い時間賛成の成分を口の中に存在させた場合、
酸はどのような作用をもたらすか、考えてみると答えは浮かび上がってきます。

酸という存在は、元来溶かすという働きを持っています。

つまりお口の中にいつまでもとどめておいたり、過剰な利用をすると、
歯の表面に存在をしている、大切なエナメル質をどんどん溶かしてしまうということです。

良いことばかりを目にするものの、内容的には酸であることには変わりはありません。

リンゴ酸は基本的に溶けるという自覚を持ち、そのさじ加減をうまく利用して、
口腔内の管理にも上手に活用するというのが、賢い利用の方法だと言えるでしょう。

酸性を含む飲み物などは、できるだけ長い時間口腔内には止めないことです。

味わいを楽しむという点ではやってしまうかもしれませんが、
ドリンクは口腔内へと入れて喉をとし、流してしまうものですから、留めることはありません。

口腔内の酸を意識するのであれば、水を多めに飲んだり、お茶などを飲むなどして、
酸の成分を薄めるということを行うといいでしょう。

酸の中和をいう観点からして行動を起こすのであれば、
食材にはカルシウムを含有する食べ物を、意識して食べるようにすることです。

カルシウムたっぷりの食材は身近に多くありますので、チーズや牛乳等を食べれば大丈夫なのです。

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「プロポリス 赤ぶどうエキス配合」






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line


関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索