アプリコットがもたらす健康効果とはどのようなものなのか?

アプリコットがもたらす健康効果とはどのようなものなのか?

アプリコットに秘められた凄い力

 

アプリコットは、梅や、すももと近い関係にあるので、味も甘酸っぱいのが特徴の果物です。

そのまま食べても、ドライフルーツにしても美味しくいただける果物で、
ジャムやシロップ漬けとしても多く知られています。

日本国内でも、2県で90%が収穫されている程、馴染みのある果物です。

アプリコットには、様々な健康効果があると言われています。

種子を陰干ししたものは、喘息や咳止めの薬として、漢方では使われています。

酸味が感じるのは、主な成分に、ビタミンAが多く含んでいる為です。

その他にも、リン鉄分などが豊富で、アプリコットをドライフルーツに加工すると、ミネラルが多くなります。

また、βカロチン(ベータカロチン)も非常に多く含まれており、皮膚の健康を保つ働きがあるので、
乾燥肌を防いだり、美肌効果やむくみ解消も期待されます。

食物繊維も多いので、生のまま食べると、便秘解消効果が期待されます。

逆に、下痢の場合は、生では食べずに、油で揚げたものを食べると治りやすいようです。

 

虚弱体質にも効き目があります。

虚弱体質を改善したい場合は、アプリコット酒を作り、
1日1杯を目安に飲む事で、体が温まりやすくなり、効果を発揮します。

ここまででも、たくさんの健康効果がありますが、アプリコットがもっとも効くのは、冷え性です。

アプリコットの果肉には、体を温める作用があり、ドライフルーツにしたものなら
毎日少量を食べ続ける事で、冷え性が改善されていきます。

ただ、ドライフルーツは、生の果実より糖質が多くなり、高カロリーとなって、
身体に吸収されやすくなってしまいますので、食べ過ぎには注意が必要です。

あえて、スポーツなどをした後に、ドライフルーツを食べると早く疲労回復する効果があるので、
上手に摂取すれば、頼もしい味方にもなってくれます。

加齢に増加する病気も抑制する働きがある

 

加齢が進むにつれ、色々な病気の心配が出てきます。

特に、日本人は癌の発生率がとても高いのですが、
アプリコットには発がん性物質の抑制する働きもあります。

アプリコットには、温州みかん同様、ベータクリプトキサンチンも多く含まれています。

 

近年、様々は健康機能が期待される成分として注目され始めている栄養素です。

油に溶けやすい性質を持ち、βカロチン(ベータカロチン)よりも長い間、体内に留まって居ることが出来ます。

よって、血液に混ざって、体の隅々まで栄養を届けられる働きを持っています。

 

健康効果には、骨粗しょう症や、免疫力を高める力があります。

アプリコットの栄養素には、血糖値上昇を抑制する働きを持つのがペクチンも含まれています。

色々な野菜や果物に含まれている事が、多い栄養素なので聞いたことがあるかと思います。

そのペクチンには、糖尿病の抑制する働きや、整腸作用があることが確認されています。

ペクチンにはコレステロールを下げる働きをもっている為、
悪玉コレステロールを減少させる事が出来るのです。

悪玉コレステロールは加齢になると腸内のビフィズス菌が減少して行く為、自然と増えていきます。

更に、食生活や生活習慣が原因で、どんどん増えていってしまいます。

悪玉コレステロールが減少できれば、動脈硬化や、心筋梗塞、糖尿病などを予防することができます。

その他、成人病の予防効果もあるので、適度な量を摂取出来れば、健康維持にも繋がります。

 

加齢が進むにつれて、誰もが気になるのが、ボケ防止ではないでしょうか?

アプリコットには、ボケを防止する働きを持つ栄養素も含んでいます。

実には、アミノ酸の一種であるギャバが含まれており、このギャバの働きによって、
脳の血のめぐりが良くなり、脳に出来る動脈硬化を防ぐ事で、ボケ防止に期待が出来ると言われています。

 

 

⇒ アンズ(杏子 / アプリコット)について

 

⇒ 冷え性や虚弱体質の人におすすめ!アプリコットの効果とは?

⇒ アプリコットは目や耳にいい?どんな効果があるの?

⇒ アプリコットがもたらす健康効果とはどのようなものなのか?

⇒ アプリコットに期待できる美容効果とは?

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「フルーツティー 各種」



関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索