アプリコットは目や耳にいい?どんな効果があるの?

アプリコットは目や耳にいい?どんな効果があるの?

和名は杏(あんず)のアプリコットには様々な健康・美容効果が!

 

あんみつや様々なお菓子などに使用される杏(あんず)は
英名アプリコットと呼ばれています。

梅の実と桃の中間くらいのサイズで爽やかな甘みと鮮やかなオレンジ色をしているのが特徴です。

旬が非常に短い為、産地以外のスーパーや販売所ではあまり見かけることがないようです。

このアプリコットには果物の中では最高値のβカロチン(ベータカロチン)が含まれています。

βカロチン(ベータカロチン)は体内でビタミンAに変化し、
目や皮膚・粘膜などを健康に維持する効果が期待できます。

またブドウ糖(脳の栄養素)やクエン酸・リンゴ酸(胃腸の働きを助ける・疲労回復など)、
食物繊維(腸内環境の改善に有効)や、カリウム(塩分や老廃物の排出を助ける)など
体に良い成分が多数含まれています。

またドライフルーツにすると栄養素が凝縮され濃厚になる為、
少量でも栄養価が高くより一層健康状態の向上が期待できます。

また体が健康になることで美容にも効果が期待できるのではないでしょうか?
傷がつきやすく化膿しやすい耳や水分や粘膜で保護されているデリケートな目は
近年、過酷な環境に常にさらされ酷使され痛みがちだと言われています。

特に大気汚染や花粉・パソコンで酷使された目にドライアイなど
現代病とも言うべき症状にも効くとして近年その成分が見直されています。

またアプリコットは繊維質の多さから便秘症の方にも有効です。

市販の便秘薬に頼る前におやつの代わりとして
摂取してみると胃腸にも負担がかからない為、良いかもしれません。

生果は旬が短くデリケートで傷みやすい為、ドライフルーツ状のものを意識的につまんだり、
繊維質はそのままで、果肉を甘く柔らかくした甘さ控えめなジャムなどを活用して
デザートなどに取り入れるなどすると飽きることなく
効率的に有効成分が摂取できるのではないでしょうか?

 

成分の有効的な摂取方法

 

アプリコットに様々な健康・美容効果があるといっても
一度に大量に摂取すればいいというものでもありません。

糖分なども含まれている為、ドライフルーツで1から2枚が目安と言われています。

またジャムの場合は吸収力をあげるためにビタミンCを含んだ食品と
一緒に食べると良いとされているのでサラダのドレッシングなどにも利用するとレシピの幅が広がります。

健康面では、おやつを何回かドライフルーツに変更したり、
甘さ控えめのジャムをダイエットクッキーやクラッカーなどに変えると美味しく習慣づけることができます。

 

便秘症に悩んでいる方はおやつにドライフルーツ状のものを1枚+白湯または常温の水、
夕食後から寝る前の時間帯にもう1枚+白湯または常温の水を多め、
に摂取すると数日中には自然とお通じが期待できます。
(個人差がある為、量はご自身で調整してください。)

 

ポイントはドライフルーツ状のものをよく噛む事と白湯や常温の水を組み合わせることです。

冷えた水では体が冷えてしまうのであまりよくありません。

また、よく噛まずに「まる飲み」では食物繊維が細かくならず力が半減してしまいます。

美容面ではおからクッキーやダイエットクッキー+ジャムやサラダのドレッシングがお勧めです。
(普通のものよりも食物繊維が多く含まれたクッキーやビスケットが望ましいです。)

ジャムを利用したドレッシングにはビタミンCなどが含まれるレモン
かんきつ類などをまぜると爽やかに仕上がります。

生野菜が苦手、体が冷えるのが気になる方はカリフラワーやジャガイモ、
たまねぎなど食べなれたクセの少ない野菜を
スチーム調理した温野菜サラダなどにかけると手軽に摂取することができます。

また適切な運動や水分補給を日常生活に取り入れることで体が正常化して体の中から実感できます。

 

 

⇒ アンズ(杏子 / アプリコット)について

 

⇒ 冷え性や虚弱体質の人におすすめ!アプリコットの効果とは?

⇒ アプリコットは目や耳にいい?どんな効果があるの?

⇒ アプリコットがもたらす健康効果とはどのようなものなのか?

⇒ アプリコットに期待できる美容効果とは?

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「フルーツティー 各種」

 

 



関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索