【緑黄色野菜&ビタミンC】ニキビ跡を治すために必要な栄養素とは?

【緑黄色野菜&ビタミンC】ニキビ跡を治すために必要な栄養素とは?


ニキビ跡を治すために必要な栄養成分として、ビタミンCの栄養成分があります。

還元作用も強力ですし、抗炎症作用もあります。

菌をノックアウトするために白血球が集結して、
活性酸素を発生させることで、炎症は起こります。

たくさん発生しすぎた活性酸素も、ビタミンCの成分によって除去させる働きがあります。

炎症を起こしてしまっても、沈静化させる作用がありますから、
穏やかな肌状態へと導くことになります。

ニキビ跡は、色素沈着も悩みの種になりがちです。

しかし、そんな悩みも、ビタミンの成分によって、酵素チロシナーゼという、
メラニン色素生成を促進させる成分を抑制することができます。

アミノ酸チロシンは、シミの原因にもなるメラニン色素です。

黒い色にチロシンを酸化させて、メラニン色素にしてしまうのが、酵素のチロシナーゼです。

そんなチロシナーゼの働きを、常緑なビタミンのチカラで抑制します。

メラニン色素生成をセーブさせますし、蓄積したメラニンのシミも薄くしていきます。

茶色い色のニキビ跡の、色素沈着を消していくためにも有効になります。

 

この他にも、コラーゲン生成をサポートする作用を持っています。

皮膚の下の真皮層で作られているコラーゲンは、
弾力のある皮膚を保つために、内側から支える働きをしています。

若々しい素肌の弾力や、ハリのある素肌には欠かせないものです。

ですから、コラーゲン生成を促進させることによって、
内側からふっくらと皮膚を持ち上げることになります。

そのため、出来てしまった、たるみやシワも、改善することになります。

そして、ニキビ跡で出来てしまった、素肌の凸凹の状態も、修復するために役立つことになります。

ビタミンCの栄養成分には、皮脂の分泌をコントロールする働きもあります。

皮脂分泌抑制作用によって、ニキビがくり返し出来にくい素肌にしていくことにもなります。

 

食生活の面では、ニキビ跡を改善していくために、ビタミンCの栄養素が豊富な、緑黄色野菜を食事に取り入れていきましょう。

サプリメントでの摂取もできますが、新鮮な野菜や果物から摂取することも大切です。

代表的な緑黄色野菜としては、ほうれん草や小松菜、春菊や人参、
ブロッコリーに、かぼちゃ、ニラやトマト、グリーンアスパラガスなどもあります。

野菜の種類としても豊富ですから、毎日の献立にも工夫次第で加えやすくなっています。

フレッシュな野菜を、サラダにしても良いですし、温野菜にして食べるのも良いでしょう。

ニキビ跡だけでなく、野菜や果物を食べてビタミン群や、食物繊維を取り入れることは、
単純に美肌効果にも有効ですから、積極的に取り入れていきたいものです。

野菜がどうしても足りなく続かない、という人は、
ビタミンサプリメント食物繊維も豊富なスピルリナなども取り入れつつ、
また、ローズヒップティーハイビスカスティーもビタミンの爆弾と呼ばれるほどビタミンCが豊富です。

毎日の生活の中に少しでも野菜や果物を入れる、
ドリンクとしてハーブティーを取り入れてみる、という
生活サイクルを作ってみましょう。

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「マルチビタミンサプリメント」






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line


関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索