心身のバランスを取り戻して更年期障害を乗り切るには

心身のバランスを取り戻して更年期障害を乗り切るには


更年期障害の身体的な症状について

 

更年期障害が身体的な症状として出てくるのは、人によって違いますが
大体は40代後半と言われています。

その特徴としてはホットフラッシュが代表となっていますが、
そのほかに、倦怠感、頭痛、耳鳴り、めまい、便秘、などいろいろです。

これが複雑に組み合わさって症状として出てくるケースもあります。

本当につらくて、自分の身体でありながら、どうにもならないくらい不調に見舞われることが続くので、
それだけでなにもやる気がでなくなってしまうというのも、珍しくありません。

その対処法としての一つとしては、適度に体を動かしていくという方法が効果があります。

だるくてやる気がでなくても、ストレッチやヨガなど
軽い運動をすることによって、血流がよくなってきます。

そうなると、なんとなく体が軽くなってくるようなきになりますし、
汗をかくことによって自分の気持ちも満足して、達成感を得られるようになるのです。

少しずつですが、身体も変化していくうちに、不調も改善傾向にむかっていくことになるのです。

ただあくまでも、自分が楽になる程度の運動だったり、無理なく続けていくことが大切です。

更年期の時期は、自分を追い込まないことが乗り切りポイントです。

 

更年期障害の精神的な症状について

 

更年期障害の症状としては、身体的な症状だけでなく精神的にも今までにはない症状が現れます。

一番は、やる気がなくなってしまったり、出かけるのも嫌になり、
さらに悪化するとうつ病にようになってしまう人もいます。

これは自分の体にも今まで感じたことのないような、
つらい症状が現れてくるのでそれだけで、気分がふさいでしまうということもありますし、
更年期の時期が精神的にも落ち込む自分にさせてしまうのです。

更年期はエストロゲンというホルモンが減ることが原因でさまざまな症状がでるのですが、
精神的な落ち込みというのも更年期の代表的な症状なのです。

 

この対処法は、自分だけではないと知ることです。

その年代の人はみな、程度こそ違いがありますが、更年期の症状に苦しんでいるものです。

同年代の友人や知人に話してみると、みんな、実は同じような悩みを抱えていることを知ったりするものです。

みな同じような感じでいることを知り、悩みを話しているうちに、
自分だけではないのだと思い、気持ちが軽くなっていくものです。

また気分の良いときに友人同士でランチをしたり
旅行にいくなど気分転換をはかっていくのも、良い対処法といえるのです。

 

更年期障害の上手な乗り切り方

 

更年期障害で苦しんでいる人は多いですが、どのようにして乗り切っていけばいいのでしょうか?
まずは、自分の身体を知るということです。

病院にいって血液検査を知り、本当に更年期の時期なのかを知ることも必要です。

自分勝手に更年期だと決めつけていても、血液検査をしてみると、そうではなかったとか、
あるいは別の病気がわかることもあるので、まずは自分の体を知るのも必要です。

検査をして更年期なのだとわかったら
一番大切なことは、期間限定のものなのだと認識することが大切です。

更年期の時期は一生続くものではありません。

だれもが、更年期障害が収まる時期というのはあるのですから、
いずれ終わるのだと、割り切るのも必要なことです。

そして、人に話すということも上手な対処法です。

今後、体調が悪い日があること、イライラしてしまう日もあること、
いままでとはちがってしまうこともあるということを、
家族や友人、知人に話をしてしまうことで、気が楽になることはあります。

いままで完璧に仕事や家事をこなしていた人もそうできないこともあるというのを、
自分でも理解し、家族やまわりの人にも理解してもらうことが一番大切なことなのです。

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「プラセンタ サプリメント」






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line


関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索