うつ病と診断されたら〜治療の4本柱

うつ病と診断されたら〜治療の4本柱

うつ病と診断されたら〜治療の4本柱

うつ病治療には主に4つの大きな柱があります。

 

【精神治療】カウンセリング

始めに問診があります。
心身の症状や苦痛・悩み・生活環境や仕事環境、
今のつらい状態の『要因』や『引き金』を
お話の中から少しずつひもといていくものです。

 

【薬物治療】抗うつ薬・睡眠薬の処方

患者さんに合わせた抗うつ薬・睡眠薬の処方で
抱えている症状を和らげるとこが優先されます。

また、うつ病で多く見られるのが睡眠障害です。
寝付きが悪い・眠りが浅い・早朝に目が覚める、
また不眠とは逆に過眠という症状が出るケースもあります。
睡眠状態に応じた薬が処方されます。

 

【環境調整】家族や職場の理解・協力

自分一人の力で無理に治そうとしない・回復を焦らないためにも
ご家族の理解・協力は支えになります。
職場も同様、治療すれば良くなることを認識して頂きたいものですが
まだ偏見や誤解があるのが現状です。

 

【休養】仕事の軽減・休職

うつ病になる方の多くは真面目で責任感が強い傾向があります。
休む事に罪悪感や抵抗を感じたり自分を責めたりしがちです。

『休む』という事も大切な治療の一つです、
自宅で休めない場合は入院治療をすすめられるケースもあります。

ただ判断能力に欠けている状態なので病気だからと
退職や退学など大きな決断はできるだけ先送りにして下さい。

 

うつ病と診断されたのにもかかわらず

『本当にこれがうつ病なの?!』と

半信半疑でご自身の状態を

認められない時期ありませんか?

 

うつ病はひとつの病気です。『病気になった』という事を認め、
ちゃんとした治療を受ける必要があるのです。

病気と向き合う大切な判断はちゃんとご自身がもってます。

 

自己紹介

うつ病と診断されて三ヶ月後ようやく休職しました。
自分の状態を認め受け入れるのは
もしかしたら一番長く苦しい時間だったかもしれません。

−こうなったのも意味があるよ、ちゃんと自分が見付けられるよ−
sakura咲く うつ病日記より

 

このコラム記事のライター sakura咲く

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る



関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索