γ-リノレン酸はリノレン酸の一つで、n-6系多価不飽和脂肪酸に含まれます。

n-6系多価不飽和脂肪酸にはリノール酸やアラキドン酸などが含まれ、
γ-リノレン酸の主な働きは血糖値を引き下げ、高血圧を改善する役割などがあります。

そのため、このγ-リノレン酸の摂取が不足すると高血圧や動脈硬化を引き起こしてしまう可能性があります。

こうした病気を防ぐために、適切な量のγ-リノレン酸の摂取が必要となるのです。

 

γ-リノレン酸はリレノン酸の中で3番目に発見された栄養素で、「ビタミンF」と呼ばれることもあります。

γ-リノレン酸は皮膚の構造や機能に必要な成分と知られており、

アトピー性皮膚炎の影響を抑える働きがあると分かり注目が集まっています。

 

また研究が進んだことで、γ-リノレン酸は体内で生成することができない必須脂肪酸であることもわかり、
食品やサプリメントから摂取する必要があるとされています。

γ-リノレン酸は血糖値を引き下げる役割のほか、以下のような効果効能があります。

 

γ-リノレン酸の主な効果/効能/作用

・アトピー性皮膚炎の炎症を抑える(かゆみを抑える役割があるため)
・間接リウマチを予防する(炎症性物質を抑えるため)
・月経前症候群を改善する(女性ホルモンのバランスを整えるため)

こうした働きのほか、γ-リノレン酸はコレステロール値を抑える働きなどがあり、生活習慣病を防ぐ働きがあります。

 

γ-リノレン酸の過剰摂取による影響は特に報告されていません。

ただし、γ-リノレン酸を含む脂肪酸の摂取量のバランスは、

飽和脂肪酸が3、一価不飽和脂肪酸が4、多価不飽和脂肪酸が3となることが理想的とされています。

 

γ-リノレン酸を多く含む食品は、月見草オイルやボラージオイル、母乳に多く含まれています。

こうした食品は摂りにくいので、γ-リノレン酸を効率よく摂取するには月見草オイルサプリメントなどで
摂取することがお勧めとなっています。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

 

 






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line

コラム記事 検索