γ-アミノ酪酸は神経伝達物質の一つであり、抑制系の物質です。

神経伝達物質にはアセチルコリンオピオイドなどがあり、
γ-アミノ酪酸の主な働きは神経に対して抑制系の働きをして、不安感を取り除いたり睡眠を促したりします。

そのため、このγ-アミノ酪酸の摂取が不足すると不安や不眠などを招きます。

こうしたことを防ぐために、適切な量のγ-アミノ酪酸の分泌が必要となるのです。

 

γ-アミノ酪酸は1950年に発見され、「GABA(ギャバ)」と呼ばれることもあります。

γ-アミノ酪酸は大能や小脳から分泌される神経伝達物質であり、無脊椎動物や脊椎動物、
植物に至るまで自然界の至る所に存在することが分かっています。

現在、γ-アミノ酪酸はアミノ酸の一種としても知られており、アドレナリンを抑制する働きがあり、
不安感を取り除いたりする作用があるとされています。そのため、医療面では精神安定剤として使われることもあります。

γ-アミノ酪酸は不安感を取り除く役割のほか、以下のような効果効能があります。

 

γ-アミノ酪酸の主な効果/効能/作用
・リラックスを促す(脳波の中のa波を出すため)
・血圧を下げる(腎臓の働きを高めて、ナトリウムを排出するため)
・動脈硬化を防ぐ(コレステロールを抑制するため)

このように、γ-アミノ酪酸には興奮状態を押さ得る働きがあるのです。

ただし、γ-アミノ酪酸の過剰分泌は不安や吐き気などを引き起こす可能背があります。

しかし、普通の生活をしている分にはγ-アミノ酪酸が過剰分泌されることはないので安心してください。

 

また、γ-アミノ酪酸が不足すると不安感や不眠などを引き起こしてしまいます。

そのため、γ-アミノ酪酸の量をうまくコントロールする必要があります。

γ-アミノ酪酸を含む食品には、発芽玄米やしょうゆ、味噌などに含まれています。

そのため、こうした食品を摂取することでγ-アミノ酪酸不足をなくすことができます。

また、効率的にγ-アミノ酪酸を摂取するのであれば、「サプリメント」で摂取することもお勧めとなっています。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

 

 






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line

コラム記事 検索