α-リノレン酸はリノレン酸の一つで、n-3系多価不飽和脂肪酸に含まれます。

n-3系多価不飽和脂肪酸にはDHAEPAなどが含まれ、
α-リノレン酸の主な働きはコレステロール値を正しくして、動脈硬化を防ぐ役割があったりします。

そのため、このα-リノレン酸の摂取が不足すると高血圧などの生活習慣病を引き起こしてしまう可能性があります。

また、脳や神経、皮膚といった様々な場所にも影響が出始めるため、適切な量のα-リノレン酸の摂取が必要となるのです。

 

リレノン酸必須脂肪酸に含まれる脂肪酸であり、α-リノレン酸とγ-リレノン酸があります。

 

α-リレノン酸は1887年に1番目に発見されたリレノン酸であり体内で合成することができない脂肪酸として知られています。

最近では体内でDHAEPAに変換される役割があり、その結果、血流を改善する働きがあることが分かっています。

そのため、現在ではこのα-リノレン酸はサプリメントなどに用いられるようになっています。

α-リノレン酸は動脈硬化を防ぐ役割のほか、以下のような効果効能があります。

 

α-リノレン酸の主な効果/効能/作用

・心臓病を予防する(血流を良くするため)
・アレルギー症状を緩和する(ヒスタミンを抑制するため)
・うつ症状を軽減する(精神を安定させるため)
・しわやたるみを予防する(細胞膜を構成するため)

 

これらの働きのほか、α-リノレン酸には高血圧を予防したり生活習慣病を改善するなどの役割があります。

ただし、α-リノレン酸の過剰摂取は肥満などを引き起こす可能性があるので注意が必要となっています。

そのため、摂取量の目安としては1日あたり2g摂取することを推奨しています。

 

こうしたα-リノレン酸を多く含む食品は、エゴマやシソなどに含まれています。

また、ホウレンソウなどにも含まれています。

こうした食品を摂取する際の注意点は、α-リノレン酸は酸化しやすいので保存方法には気をつける必要があります。

また、目標量を摂取するにはかなりの油を摂取しないとならないことから、
α-リノレン酸を効率よく摂取するには月見草オイルなどの「サプリメント」という方法が有効です。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

 

 






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line

コラム記事 検索